UVケア

UVとは、紫外線のこと。
ultraviolet raysのイニシャルからUVと言われています。
紫外線は、免疫機能の低下や皮膚がん、肌の老化の原因となるため、それを防ぐ対策が必要です。

UVケア商品は多種多様なものが見られるようになりました。
基本的な対策は、帽子をかぶる、肌を露出しない、日焼け止めクリームを効果的に使うことです。

数多くの種類が販売されている日焼け止めクリームのチェックポイントは、
1.SPF (sun protection factor)
紫外線の中のUV-Bを防ぐ力の数値です。数値が大きいほど、長時間の効果が期待できます。

2.PA (protection grade of UVA)
紫外線の中のUV-Aを防ぐ力で、「PA+」などとあらわされ、「+」が多いほど効果が上がります。

3.紫外線吸収剤と紫外線散乱剤
紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し熱などのエネルギーに変化させて放出します。
日焼け止めの効果は高い反面、肌に負担をかけることもあります。
紫外線散乱剤は、物理的な仕組みで紫外線を散乱させるため、肌への負担は低いようです。

購入前にしっかりチェックをして、自分に合った日焼け止めクリームをを選び、UVケアを効果的に行いましょう。
諸外国のUVケアについても知っておきたいところですね。
カジノの本場、ラスベガス旅行の際も、防止や手袋、サングラスは必須です。

«
»