人材育成費用を惜しまない

企業は即戦力を求める。
人材育成をするのにもお金がかかる。
そんな余裕はないのだと言う。

そうして企業が求人の幅を最初から狭めることは雇用をますます縮小させてしまう。
一方で緊急雇用対策の制度による求人や、国が助成金を出して企業が行う職業訓練などがある。

職業訓練は、学生のインターンシップのように現場で実際に働いてみることができる制度だが、これはあまり意味をなしていないような気がする。

企業が職業訓練の場を設けるのは助成金と企業の見た目のイメージアップが目的だろうし、就業する方もその場しのぎでお金を稼ぐために訓練を受ける人が、実は大半なのではないかと思う。
おそらくこんな調子では一向に人は育たない。

ひとりの人間も立派に育てられないで、企業を維持していくことができるわけがない。
今のうちに考え直さないと、企業もますます落ち込んでいく一方ではないだろうか。

ただ、逆に大企業の統廃合を見ていると、人件費の合理化の名のもとにリストラが進んでいくことは確かである。
リストラとはつまり、優秀な人材だけを残していく作業なのだ。

現代の経営は、小回りの効く法人でないと生き残りは難しい。
少数精鋭を各分野で数多く抱える方が、費用対効果は格段に良いのだから、使えない社員は切られていく運命にある。

その運命を受け入れることに合意して、企業に採用されておきながら、いざリストラの対象になると困ると言うのは、なんとも・・。

自慢の精肉
精肉専門店の凝縮されたお肉一覧も食肉卸で
牛肉、豚肉、鶏肉等、種類別で探したい方、焼肉店、洋食店、中華店等、お店別で探したい方はコチラから。
meat-kimura.co.jp/

«