大学教育の普及

大体20年前に、中国で9年義務教育が実行されましたが、大学が普及できませんでした。
そのころには日本の短大類の学校や職業教育が高等教育としています。

国の教育改革のおかげで、大学の入学試験が簡単になって、たくさんの若者は高校卒業後大学に入学できるようになりました。
大学の教育は普及になりました。

誰でも大学に入学するチャンスがあります。
現在、大学教育の内容は昔より難しく、専門的になりましたが、入学が簡単になって、また、大学も多くなって、大学生は昔よりずいぶん多いです。

より多くの人が高等教育を受けるようになったのはいいことですが、就職は難しくなるのでしょう。
以前大学生と言ったら、レベルの高い戦力だと考えられますが、今は大学生が全然珍しくありません。

就職に競争力が高くなるために、大学院教育や専門的な職業教育を受ける人もたくさんいます。
しかし、それが明確な就職の条件であり、有利に働くかと言えば、そうではないのが現実のようですね。
なぜならば、それが自社の仕事にどう結びつくか、だれにもわからないからです。

机上の勉強と実践で鍛え上げられた経験とは、簡単に比較は出来ませんが、ひとつだけ言えることは、企業側は学生時代にどういうキャリアを積んだとしても、社内に適応できるようリスタートさせるものです。
だから研修というものが存在するんですね。

企業のカンバンを背負っていくわけですから、それなりに会社のカラーに染まることになります。
会社の売りは何か、自分の役割は何かをしっかりと理解したいところですね。

良質の牧場
精肉を全国に食肉卸業者の心意気
meat-kimura.co.jp/
精肉一筋の食肉卸業者。業務用の取り扱いは評判。個人向けのパーティセットも売れ筋。

«
»