心身鍛錬

心身を鍛えることは、昔から推奨されている不偏的な行動ではありますが、具体的には様々な方法がありますよね。

一般的には、何らかのスポーツに親しむことが、心身鍛錬とイメージされますが、健康管理と結びついていなければなりませんね。

心身の鍛錬は、日々のトレーニングや練習によって培われていくのですが、競技性を追及する場合とあくまでも自己鍛錬では、質量の違いがあるのではないでしょうか。

それに付随して、健康管理の体制も変えていかなくてはなりません。

プロスポーツ選手ともなると、メディカル面等の管理をしたりと、コンディションの調整の専門家が帯同しています。
選手を競技に集中させる環境が整っていますが、それ以外では、少なからずセルフコントロールが必要ですね。
(マイカー整備は日常点検とプロの車検)

ただ、セルフコントロールのデメリットは、思い込みや間違った情報に左右されやすく、実はやっていたことが全く役に立っていなかったということも否定できません。
下手すると、ケガや病気の原因ともなりかねません。

そういったリスクを考えると、正しい情報を取っての実践が求められます。
書籍を購入したり、実行中の運動に詳しい人にアドバイスを請うなどの積極的に動くことも、自己管理のひとつとなるでしょう。

»