転職は当たり前の時代か

そしてとくに若者ですが、突然の転職、退職をする人も実際増えてきました。
なぜならそのような人たちにとって会社とは一生尽くすに値するものではもはやなく、ひとつのステップだからです。

これは企業にとって損失になることもあります。
なぜならほとんどの企業では社員に長時間の教育を与えてきていますし、これまで積み重ねて束にしてきたアイデアやノウハウを他の企業に持っていかれることすらあるかもしれないからです。

経済悪化にともなう会社への武士のような忠誠心は特に若者の中には消えつつありますが、より安定した社会へ、より安定した個人の家庭を作るには、コストカットに注目することは避けられないとはいえ、企業の雇用体制を少し考え直す必要があるかもしれません。

一昔前の転職のイメージはひどいものでした。
まるで転職の本質を理解されず、本人は随分辛い思いをしいたかもしれません。
転職は、逃げたと見なされたり、社内の裏切り者とでも言いたげな、同僚や上司の態度だった会社もあったようです。

時は流れて、転職は金融業界では、その時代からキャリアアップの手段でしたが、他の業界でも、ようやくキャリアアップという認識が浸透してきたようですね。
米国では、起業が多いのですが、日本では、まだ起業へのチャンスとは捉えられていないのかもしれません。

日本の会社は、入社も退社も一苦労です。
独立旺盛な人は、将来をどう見据えているのでしょうか。

スキルアップのコツは継続にあり

とても関心があります。英語とフランス語にチャレンジしました。英語はそれなりに修得できましたが、フランス語は自己紹介ができるくらいのレベルです。
英語に関しては、今は英語を指導する立場として仕事をしています。

5年前には小学生に対して指導する資格をとり、英語を使うはばを広げることができました。人に教えることで自分のスキルアップにもつながるので、今の職業は良かったと思っています。ただ、英語は学生時代が終わると一旦なぜ外国語が必要なのかがわからなくなる時期がきて、自分のスキルをキープすることが難しくなり、英語から距離をとってしまい、一度スキルダウンしてしまったことです。

私は転職することを転機にもう一度学習しなおすことで現在の職についています。もともと興味があった言語だったので短時間でスキルを取りもどすことができました。しかし、学生時代からずっと学習をし続けていれば今以上が望めたと思うと残念です。
何事も出来るにこしたことはありません。例えば、テレビを見ていて字幕を見なくても何を言っているのかわかると優越感を感じることができるし、自分の訳で言葉を感じることができます。今は英語は当たり前の時代になってきているので、英語プラス他の言語が使いこなせないといけない観光になっていると思います。

英語のみに限っても、義務教育の範囲で習った英語レベルでは、まず社会では通用するレベルには達していません。履歴書やエントリーシートなどに書けるレベルでもないでしょう。周りと差をつけるには、やはりそれなりのレベルが必要になるので、仕事で英語を使いたいならば日々テキストを解いたり、教室に通う等のスキルアップに取り組むべきです。

女性の活躍する企業
テレワークなど就業管理はスマホ入力
飲食店のパート・アルバイトのエクセル製シフト表を取り込んだりシステムにプログラムを組み込みも可能
biz-work.jp/
関連:www.gatlinburgchalets.net

«
»