中国の義務教育

世界中には国の教育をすべて無料化にする国がありますが、一定時間の教育費を無料化する国もあります。
中国もこのような教育制度を実施して、義務教育と呼ばれています。

中国の法律の規定によりますと、義務教育の年限は9年間で、強制性、無料性と普及性三つの性質があります。

適齢の児童と少年に教育を受けさせるのは学校、親と社会の義務です。
誰でもこの義務を違反すれば、法的な制裁を受けなければなりません。
これは義務教育の強制性を反映します。

無料性と言えば、学費とほかの費用を取らないという意味です。
もう一つは普及性です。
普及は義務教育の理念の一つとして、全国で統一の教育を実行して、同一の教科書、教学標準、経費標準と建設標準を使うことが含めます。

教育はどの国にとっても必要です。
全民的な水準が高くなると、国際競争力が強くなります。

教育水準を上げるということが、国際競争にそのまま反映されるには、かなりの長い年月を要しますが、無くてはならないものであることは、間違いありません。
識字率を上昇させるだけで、労働力の差は雲泥の差です。

世界には、学校自体が少ない国がたくさんあります。
日本で一戸建てが購入できる金額を、そういった教育途上国でならば、学校が建設出来る国はたくさんあります。
このような事業を支援する人も多くいますので、関心があるならば調べてみると良いでしょう。

«
»