中国の義務教育

世界中には国の教育をすべて無料化にする国がありますが、一定時間の教育費を無料化する国もあります。
中国もこのような教育制度を実施して、義務教育と呼ばれています。

中国の法律の規定によりますと、義務教育の年限は9年間で、強制性、無料性と普及性三つの性質があります。

適齢の児童と少年に教育を受けさせるのは学校、親と社会の義務です。
誰でもこの義務を違反すれば、法的な制裁を受けなければなりません。
これは義務教育の強制性を反映します。

無料性と言えば、学費とほかの費用を取らないという意味です。
もう一つは普及性です。
普及は義務教育の理念の一つとして、全国で統一の教育を実行して、同一の教科書、教学標準、経費標準と建設標準を使うことが含めます。

教育はどの国にとっても必要です。
全民的な水準が高くなると、国際競争力が強くなります。

教育水準を上げるということが、国際競争にそのまま反映されるには、かなりの長い年月を要しますが、無くてはならないものであることは、間違いありません。
識字率を上昇させるだけで、労働力の差は雲泥の差です。

世界には、学校自体が少ない国がたくさんあります。
日本で一戸建てが購入できる金額を、そういった教育途上国でならば、学校が建設出来る国はたくさんあります。
このような事業を支援する人も多くいますので、関心があるならば調べてみると良いでしょう。

中国では人脈が大事

日本では人脈がある程度重要ですが、中国ではもっとも重要な位置を占めます。
中国では、社会の規則やルールなどもちろんありますが、人脈が一番重視され、一番利用されています。

例えば病気になって入院する時、その病院に知り合いや友達がいるかどうかによって、対応も違います。
知り合いがいたら、まず並ばなくても長時間待たなくても済みます。
また、医療費もなるべく安くしてくれます。

薬の名前を教えてくれて、外の薬局に行って、自分で買うことができます。
同じ薬でも、病院での売値が高いからです。

いろいろメリットがあるので、自分の知り合いがいなくても、友達の知り合いがいるかもしれないので、友達に頼むこともあります。
逆に、友達から依頼が来た時も、自分ができることでしたら、やってあげるのも普通です。

国によって考え方が違うのは当たり前ですが、同じ国内にいても、人脈についての考え方は千差万別です。
しかし一番疑問に思うのは、新卒者の就活における面接で、人脈をアピールすることの愚かさを自覚していない学生が多過ぎます。
学生の人脈なんて、はっきり言ってたかが知れてるわけです、大多数の人が。

サークル活動で数十名もしくは数百名を束ねていたとしても、その会社で、何らかの利益を生み出すような体制になっているわけではないでしょう。
人脈をアピールするのではなく、人脈についてどうしたいのかを語るのならば、また違った印象になるはずです。

«
»