一大イベントを成し遂げて

私が社会人1年生のとき、暮らしていた街で大規模な博覧会が開かれました。
よくは覚えていませんが、郊外に設置された広大な特別会場で3ヶ月近く 開催されていたと思います。

企業や都道府県などによるたくさんのパビリオンがあり、コンパニオンさんやをはじめ、広報やイベント運営などに関わる大勢のスタッフが連日、会場で働いていました。

当時、私はメディア関係の仕事についていて、頻繁に会場を訪ねなければならなかったので、そんな人々と実際に接したり、働いている様子を見る機会がありました。

数ヶ月間という短期間でしたが、特別な催しを作り上げ、成し遂げたという意識がスタッフの心を1つにまとめたようで、最終日の会場には涙を流して別れを惜しむ人たちの姿があちこちに見られました。

それはもう、部外者の私がうらやましく思えたくらいです。
チームや組織という大所帯で目標を成し遂げることは、非常に難しいものですが、メンバーのやり甲斐や意識共有が徹底されていなければ、まとまるものもまとまりません。

メンバーは歯車ではありますが、その歯車としての役割を理解していなければ、ある人は投げやりになり、またある人は腐っていくことで全体が崩れ初めてしまうものです。
中には、他人の仕事ぶりを批判したり、自分の有能さのアピールに走るスタンドプレーな人も出てきます。

こうしたマネジメント上のリスクを排除するのが、リーダーの役目でもあるのでしょうね。

鶏肉の部位
卸価格に自信の精肉業者の食肉卸
適正な品質と価格で食肉を全国の飲食店や個人に向けて提供。肉の仕入先はミートキムラで間違いなし。
meat-kimura.co.jp/

«
»