SNS

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスのことで、社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事です。
SNSの主目的は人と人とのコミュニケーションにあります。

友人・知人間のコミュニケーションを促進する手段や場、趣味は嗜好、出身校など友人の友人といった自分と直接関係のない他人との繋がりを通じて新たな人間関係を構築する場所を提供しています。

以前は人との繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないというシステムをとっているところが多かったですが、最近がそのまま登録できるところが増えてきています。

今までは連絡先を知らないと連絡を取ることができなかったのが、SNSを通して簡単に連絡が取り合えるようになったので、昔の友人などと連絡を取ることができとても便利だと思います。

そもそもSNSは情報の共有を通じて人脈を広げていくことが主目的なわけですが、中には懐疑的な人も確かにします。
すぐに商売染みた発言をする人は特に要注意ですね。
つながりはともかく売れれば良いと考えているからです。

商売目的でも良いのですが、唐突にセールスされると非常に鬱陶しいわけですが、何も感じないのでしょうね、当事者は。

SNSへの参加

アカウントを見知らぬ方に乗っ取られた経験もあります。

今SNSではたくさんの人とつながることができますが、それにともなって最近はSNSを通しての事件などが多く発生しています。
私自身もアカウントを見知らぬ方に乗っ取られた経験もあります。
使い方を間違えると危険なことに巻き込まれるのだなと感じました。

悪いことだけでなく、SNSを通じて情報交換をすることが可能になっているので、私も妊娠した時には同じ立場の方とつながって情報交換や、日記のように毎日のことを発信していたので、誰かと常に繋がっているように感じて大変心強かったです。

便利になっている一方、メリット、デメリットいろんなことがあるなと感じていますがやはり今の生活には欠かせないものとなっている気がします。
 今の時代インターネットは誰もが使用している、せざるおえない環境にあります。
何をするにもやはり今はインターネットがないと不便です。
若い方は特に依存する人が増えているくらいです。

でも高齢者の方にはまだ少し慣れないものだと思います。
私の祖母もインターネットの話はちんぷんかんぷんだとおもいます。
なので、高齢者の方がもう少し身近に使える何かがあればいいのかなと思います。
高齢者の方は買い物に行くのも大変だったりする方も多いと思うので、そういったところをインターネットサービスでもう少し充実させていったらいいのかなと思います。

これからの日本は、今以上にインターネットが普及して今あるものも遅れていると思わせるほど発達していくのだと思います。

»