ウミガメと泳ぐ

家族で沖縄に行ってきました。
今回は本島から船に乗り35分で行ける島です。
宿泊先はペンションです。

ペンションはこの島で一番清潔感があると言っても過言ではないほど、掃除が行き届いており、潔癖症の私はここにしか泊まれません。
ペンションの方は皆さんダイバーなので、島のダイビングスポットを教えてくれました。

ダイビングスポットはかなりあるのですが、その日の天候や潮の流れに海の底の景色は左右されます。
まず大人が楽しむ前に子ども達を満足させなければ事が順調に進まないので、ウミガメのいるビーチに連れて行きました。

ここは見晴らしも良く小さい子どもでも安心して遊ぶことが出来ます。
まだ3歳の長女は、貝やカニを拾ってはアイスクリームのカップに入れていました。

6歳の長男は主人と泳いでいたのですが、そこでウミガメに遭遇し、なんと一緒に泳いだのです。
息子は大興奮です。
私も急いで娘を連れて海に入りウミガメを一目見ようとしました。

人馴れしているのか、ウミガメの性質なのかはわりませんが、慌てる様子もなくゆっくりゆっくり泳ぐのです。
目がなんともいえないせつなさを感じさせます。
その時、抱いていた娘が急に泣き出してしまい、ウミガメとの束の間のふれあいタイムは終了です。

またあのウミガメに会いに行きたいです。
次は石垣島辺りでダイビングと洒落こみたいですね。

趣ある旅館でのんびり過ごす

伊豆の大滝を見られる温泉に行きました。
滝のすぐそばに温泉があり入ってみたいと思ったのですが、温泉に行くまでに急な坂道を下ったり(帰りは上ることになる)、かけ湯が衛生的に微妙だったり、夜になると虫が多かったりで諦めました。

屋内でも外の景色を楽しめる温泉で、中はもちろん脱衣所も含めてきれいな温泉でのんびりしたいと思いました。
少し宿泊料は高くなっても良いので、清掃の行き届いた宿を楽しみたいです。
伊豆は。
レンタカーがあれば色々な観光スポットがあり、美味しい料理屋さんもたくさんあったのでとても満喫できました。
10代・20代・30代・40代・60代の家族と旅行しましたが、どの年代でも楽しめると思いました。

9月頃に沖縄へ旅行予定です。
昨年の夏に初めて沖縄本島と宮古島へ行きましたが、とてもよかったです。
まずレンタカーは必須ですが、ノープランでドライブするだけでもキレイな海が見えたり、レトロな雰囲気の料理屋さんを見つけたりと楽しいです。

今度はスケジュール的に那覇にしか行けないので、レンタカーではなく電車で色々と巡ってみようかと思います。
前回は海とヴィラへの宿泊がメインだったので、沖縄の伝統文化に触れる旅にできればと思います。
国内旅行においては、ある程度事前に調べたり、困ったときは地元の方に聞いてみるといったことも簡単ですので、事前にここだけは絶対に行きたいというところをリストアップし、いかに効率よく回れるかを自分で考え、「この日はこことここへ行く」という計画を立てておくことが良い旅になるポイントかと思います。

その中で、実際に歩いてみて見つけたお店に入ってみたり、ということも楽しめるのではないでしょうか。

»