夏のリゾート

冬の頃に天気も寒くて、いつも雪が降ります。
外に出かける気もなくて、旅行する気もないでしょう。

しかし夏になって、天気はますます暑くなって、休みの日に、湖か川があるところや、森か山などの涼しいところに旅行したくなります。
消費者の要求に応じて、避暑をテーマとしての旅行サービスがますます人気になります。

お客様は旅行社に参加を申し込むでもいいですが、自分で避暑地に行ってもいいです。
私が住む町にこのようなところがたくさんあります。
大体都市の周りの村や郊外にあって、ホテルのようなサービスをお客様に提供します。

お客様は自分で農作物を採って、料理することもできます。
安全第一の原則の下で、森の中で焼肉しても許可されます。
体験型リゾートが人気になるのも、何となく理解出来ますよね。

夏は事故が多発する季節でもあります。
最も避けたいのは、水難事故でしょうか。
海で溺れた、川で流された、沖合に流されてしまった、湖に落ちた、中州に川の増水で取り残されたなど、枚挙に暇はありません。

楽しさの裏には危険が潜んでいます。
リスクというものを考えると、大抵の場合は「気が小さい」などと非難の対象になるのですが、そのような心構えのある場合、事故率は急速に低下するらしいですね。

身体は大人でも、思考がついて行けてない大人が多過ぎるのも問題です。
都合の良いことばかり考えているようでは、いざという時に困るのは自分自身なんですけどね。

«