何となくだるい時

何となく調子が悪い、気分がすぐれない。
そういえば最近野菜を食べてないような?

ふいにそう思って冷蔵庫にあったプチトマトを何粒か食べたら、たちまち不調が改善したという経験があります。野菜不足の怖さを実感しました。

近所のスーパーや薬局・ドラッグストアでもよく見かける青汁。
手軽に野菜不足を補えて便利です。

野菜の価格が高騰して、買うのが苦になった時にも重宝します。
青汁はどんどん飲みやすさを追求して企業が製品開発を行った結果、最近の製品はグンとおいしくなりました。

青汁が、どうしても飲みにくい人やお子さんには、ホットミルクに青汁粉末とお砂糖を加えておいしいホットドリンクにしてみてはいかがでしょうか?

すでにツウな人は水でそのまま飲めるでしょうが、牛乳に溶かして飲むことでカルシウムをプラスした方が更に健康効果がアップしますね。
まあ、無理して飲むものでもないとは思います。

未だに、バツゲームの材料にもなってますからね、そのマズさが際立ってますのでね。
CMでマズイと言ったことが、ブレイクのきっかけですから、世の中どう転ぶかわかったものではありません。

健康飲料の代名詞になると、誰が思ったでしょうか。

一日に必用な野菜の量とパセリセロリ

現代人は慢性的な野菜不足だと言われているそうですが、必要な量をきちんと摂ることはけっこう難しいことかもしれません。
野菜好きな方であっても、一日に300グラム、400グラム毎日食べるとなれば、なかなかの努力が必要ではないでしょうか。

私は特別野菜好きではありませんが、健康のこと美容のことを考えて、できるだけたくさん食べるようにしています。
私だけではありません。
主人も子供も、私を見習ってたくさん食べています。
特に子供は食べる野菜の量がお友達よりもとても多く、驚かれているようです。
子供ももちろん特に野菜が好きと言う訳ではないのですが、子供ながら健康のことを考えているようで、努力して食べているようです。
たぶん、ちょっと珍しいかもしれませんが、我が家のセロリとパセリの摂取量は非常に多いと思います。
セロリはまだしも、パセリをたくさん食べる人は、もしかしたらあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。
鮮やかなグリーンは、どちらかと言えばメイン料理を引き立てる存在かもしれません。
しかし我が家ではこれをよく食べます。
正直言って、美味しいとは思いません。
でも、パセリの中には素晴らしい栄養素が含まれていると聞きます。
飾りだけではもったいない存在です。
ミキサーに、パセリやセロリを放り込んで1分間。
美味しくはない健康ドリンクが完成します。
今はもう習慣になっていて、これが無いと何だか落ち着かない体になっています。
家族も同じことを言っていました。
それでもまだまだ一日に必用な野菜量は、食べていないかもしれません。
難しいですね。

«
»