ラジオ体操の奨励

人生の中で何度か、ラジオ体操を強要される機会があった。
小学生時代は夏休みに学校からラジオ体操カードを渡され、広場に同じ地区の子どもたちが集まって体操をする。

そういえば高学年の時、ラジカセと専用のハンコを持って広場に行き、体操をした後みんなのラジオ体操カードにハンコを押す係をやった。

通っていた専門学校でも朝に先生たちがラジオ体操をしていて、生徒はめったにやらないがこの時もラジオ体操に参加するようにという名目があった。

さて、社会人になってからはしばらくラジオ体操に縁がなくなっていたが、ある時の転職先で、午後の就業開始前に所内放送でお昼のラジオ体操放送が流れ、久しぶりにラジオ体操をさせられる機会があった。

久しぶりにやったらずいぶん疲れた。
仕事をするようになり、多忙にかまけて運動しなくなりそれだけ体がなまっているのだと実感した。

少し体重が気になり始めていた頃だったのだが、ラジオ体操の日課ができたらジワジワと数キロ痩せたのがとてもよかった。

«
»