美容情報ネットワーク

コミュニケーションメディアについては、その機能面も含めて可能な限りのメディアを活用し、相乗効果のあがるメディアを組み合わせて使うことが必要です。
特に、マス・メディアに始まってワントゥーワンの媒体につなげる組み合わせが望まれます。

PRする対象物や媒体特性、予算・期間によっていくつかの方法が考えられます。
今回の商品特性等から考えると以下の方法が適切と思われます。

無添加へのこだわりと自信を伝える。
あわせて美容情報の提供。
より多くの試用機会の提供。
試用から、愛用への誘導。
(顧客の愛情を車から感じます自宅出張さくら車検)

こうしたプロセスは、ネットワーク上だけではなく、実店舗営業でも全く同じことです。
チラシの代わりにウェブサイトやブログ、ソーシャルネットワークの活用にシフトするだけであり、ダイレクトメールが電子メールに替わるだけのことです。

何も特別なスキルが必要であるというのではなく、使う道具を変えるだけなのです。
実店舗とインターネット上の仮想店舗の両方で売上が上がることが最も望ましい状態ではないでしょうか。

情報社会となった日本では、リアルとバーチャルの世界を制することが、世界展開も可能にするのです。
自宅から世界へ情報が発信できる環境が構築できることを、どういった思いで受け止めているのでしょうか。
個人が世界を相手にビジネス出来るのです。

»