弁当の日

「弁当の日」。
それは、子供たちにとっても、それを見守る親にとっても、確実に成長できるの素敵な挑戦の日。
その効果は目に見えて実感でき、確実に全国の小中学校、高校、大学で広がりを見せている。

「弁当の日」の約束は、「自分だけでお弁当を作る」ただそれだけ。
といっても、メニューを決め、食材を集め、作り方を調べ、朝早く起きてお弁当をつくるのだから、慣れない子供たちにとっては、たいへんなことだ。

親側のルールは、一切口を出さないこと、手を貸さないこと。こちらは、かなり我慢が必要らしい。
「弁当の日」の朝、子供たちは自分なりにお弁当を作り、その達成感とともに、学校に持っていく。
自分の作った弁当を見せ合う顔は、とても誇らしげだ。

一度できると料理に自信がつくのか、友達の弁当をみて「競争心」がわくのか、回を重ねるごとに、子供たちのつくる弁当は味も見た目も良くなっていく。
親は子供の成長に驚き、そして喜ぶ。

この「弁当の日」がもっともっと多くの学校で実施されることが期待されている。
料理の難しさを体感すれば、日頃、弁当を作ってもらっていることに感謝の念が生まれ、大事に食べてくれることになるだろう。

食事への感謝を忘れるようなら、一から人間形成をしなければならない。
職場でも、頂きますの声も無く、難しい顔をして弁当を食べている同僚がいるが、業績は芳しくない。

はつらつと働いている、輸入車出張車検の会社の整備士は、いつも動きがキビキビしていることから、きっと食生活も安定していることだろう。

おいしい精肉を選ぶ
オンライン注文で食肉卸店の精肉が届く
食肉卸店がお勧めする個人様向け商品の販売はサイトのご注文フォームからオーダー
meat-kimura.co.jp/

«