親の期待を背負う子供たち

「子供を見れば親が分かる」とよく言われています。子供はよく親を見ています。
親が悲しかったら悲しくさせまいといっぱい笑顔でいます。

親が心から笑うと、子供は幸せになります。
親に怒られると、今度は困らせないように精一杯いい子であろうとします。
親が思う以上に子供はいろんなものを親から吸収しています。

そして、親を一番頼りにしていて、親を一番傍から見ていて、親の気持ちが一番わかります。
そして、一番親から褒められたり、親が喜んだりすることを幸せと感じます。

なので、親が子どもに期待すれば、それに応えようとします。
ただ、過剰に期待しすぎると、子供は期待に応えようとしてどんどん追い込まれていきます。

そして子供は、期待に応えられないと「自分が悪い」と自暴自棄に入り、そして、期待に応えられていない自分を親に相談できなくなり、孤独に追い込まれていき、親にまた好かれるように悪いことでも何でもしようとします。

親は子供が伸び伸びと育っていける環境を作ってあげて、子供を一番守ってあげなければなりません。
その親が子供を孤独に追い込んでしまいがちです。

子供にとって一番いい環境は何なのか、子供が心から喜ぶことは何なのか、子供にとってプラスとなることを考えてあげましょう。
それは親である自分にしかできません。

一番の支えになってあげましょう。
心強い一番の味方であるべきなのです。

オフィスは久しぶり
リモートワークでも勤怠時間の集計の自動化
残業の申請制度を構築し給与システムと連動することで一切のムダやサビ残、未払いを予防。労働意欲の向上に。
biz-work.jp/

«
»