防災グッズ

日本は地震や津波、台風と自然災害が多い国です。
普段はとても過ごしやすいところですが、災害起こるとライフラインも止まり、交通機関も止まるので、普段の生活ができなくなります。

そのときの為に、今のうちに非常持ち出し袋を備えておきましょう。
非常持ち出し袋に何を入れておけばいいのか分からない方もいると思います。

最低限これだけは入れておくといいと思う物は、預金通帳・印鑑(これがないとのちのち補償が受けられないことも)、現金、懐中電灯、ライター、ロウソク、ナイフ、衣類、毛布、ラジオ、食品、電池、水、救急箱などです。

その他にも必要なものがあれば事前に用意しておきましょう。
日本に住んでいる以上、いつかは災害の被害に遭うことになると思いますが、自分の身は自分で守りましょう。

さて、実際に天災等で避難を余儀なくされる場合、はたして冷静に非常持ち出しバッグを準備する余裕はあるでしょうか。
無いと思います。
逆に言えば、実際に持ち出した人の数字的な根拠が欲しいのですが、そんなデータはどこにもありません。

まず、データは取り様がありませんよね。
心身疲れ切っている人に、非常用の持ち物は手に持っているかなんて無神経に質問出来ません。
ということは、○日分の食糧というのは根拠なきものではないのでしょうか。

そう考えると、何のために買うのかということを考える必要があります。
買って安心ということなのでしょうか。

«
»