ブラック企業

ブラック企業とは、おおまかに言うと入社を勧められない企業の事を言います。

と言うよりも、労働基準法などの関連法規を無視したり、そもそも企業内の就業規則等も定かでない、無茶苦茶な会社というところでしょうか。

法律に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件で労働を意図的に従業員に強いたり、健康面を無視した極端な長時間労働やサービス残業を強いたりします。

パワーハラスメントをする企業も少なくありません。
就職がなかなか決まらないと、もうどこでもいいと思い年中募集している会社に応募し受かったと思ったら、ブラック企業で、苦痛な生活のはじまりというパターンもあります。

求人募集のPR欄に幹部候補募集や、あなたの頑張りを評価します、中途のハンデなしなどの甘い言葉が書かれている企業は実はブラック企業かもしれません。

既卒者やフリーターは急いでいても慎重に会社選びをするべきです。
ところが、企業というのは、体裁を気にします。
表立ってはいい事ばかりを言い、いざ、入社してみると全く話が違うことはよくあります。

そもそも雇われるのですから、自分が理想とする仕事は出来ません。
自分に仕事を選ぶ権利もないのです。
やりたいことがあれば、組織を飛び出して、自分でビジネスを構築しなければならないのです。

ブラック企業は、求人をいつも出しています。
定着しないからですね。
それを基準に判断することも、ひとつの方法です。

ウイズコロナでブラック企業は淘汰される?
ホワイト企業をアピールできる勤怠管理
飲食店の様々な従業員の雇用体系にも対応できる労務管理システムがコチラ。導入の詳細は公式サイトでチェック。
biz-work.jp/

«