単純作業とコミュニケーション

基本的な生活では単純作業が大切で単純作業の組み合わせ方で習慣を整えるのが良いのだと思います。

ただ、一つの事に長時間専念するのに他の仕事を削って専念していると後に皺寄せが来ますし、小刻みに時間配分して単純作業の組み合わせをするとしても、軌道に乗らなければ閉塞感があります。

スポーツ能力の為のトレーニングも、考えてみれば単純作業の積み重ねで、それを繰り返して行って実力を身に付けた人が、より高度な技術を身に付けて上に進んでいる事が判ります。

ただ、アスリートになる予定がある人以外は、選ぶ単純作業の種類に幅があっても良いと思います。
応用が利く道へ進まないといけないからです。

企業に入社し、良い上司に恵まれた人は企業内で成長する楽しみがあると思います。
そういう人達は企業内のアスリートなのだと思います。

事務仕事も単純作業の組み合わせですが、その単純作業とコミュニケーションの組み合わせ方も身に付けないといけないのでしょう。

»