海外では、生魚や生卵はあまり食べないってご存知ですか?
生魚は(今は世界中で寿司がブームですから生魚を拒絶する外国の方はだいぶ減りましたが)刺身を嫌そうに食べる外国の方を
取材したテレビなんかをよく見ましたが、生卵は意外でした。日本にいるときは生卵、卵かけご飯は全世界共通かと思っていました。
それが、オーストラリアに来て、生卵はもってのほか、半熟でもみんな食べないことに驚きました。逆に聞かれるのが、日本人は
生卵を食べるんでしょ?ネットで見たよ。どんな味?信じられない。などと、多々言われました。
また、生で食べる文化がないからか、卵の賞味期限も日本のそれとは比べ物にならないくらい長いです。
この文化を知らずに、賞味期限ぎりぎりに卵かけご飯を食べたらどうなるんでしょうか?気になりますが怖すぎて出来ません。
後、驚いたのがオーガニック卵の存在です。これは、通常の卵の3倍程度の値段ですけど、うたい文句が生卵で食べられます!そして、
多くの日本人がそのうたい文句にやられて定期的に買うそうです。日本の生卵文化は外国では高くつきます。
また、生魚。刺身で大体あるのがツナとサーモン。これは今や外国の方も拒否反応なく受け入れているんではないでしょうか?けど、
私が食べたいのは、もっと脂ののったトロや、ひかりもの。さらにはいくらやうに、貝など新鮮なものです。きれいな宝石のように
デコレーションされた不思議な寿司はいっぱい海外で見ますが、もっとデコレーションではなくシンプルな生の魚を下さい。
本当に、生卵と生魚が恋しいです。。。

日本の宴会では魚料理が定番

海外のバス

バックパックを背負い、行き当たりばったりの旅行をしてみたいです。

少し怖いですが、日本での温い生活に刺激を感じなくなってきたので、それを乗り越えれば何か自分の成長に繋がらないかと勝手ながらに思っています(笑)
「地球の歩き方」などのバックパッカー本を片手に観光名所などを見ながら1週間ほどインドを練り歩いてみたいです。

「深夜特急」などのバックパックを題材にした小説と見比べながら旅行するのも楽しそうですね。
筆者と同じルートで旅してみたりすると、本を書いた筆者の気持ちが分かったりして楽しそうです。

「深夜特急」は少し前に書かれた本なので、すべてが小説通りとはいかないでしょうが・・・。
ホテルや食事もバックパッカー本を見ながら、適当に行き当たりばったりに決めたいです。
さらに、現地の人と同じ格好をして現地の人に溶け込んでみたいです。

夜は日本では見ることのできないインドならではの夜空を見上げながらお酒を飲みたいです。
私はお酒が好きなので、インドのお酒もものすごく興味があります。

ちなみに、私はインド料理が大好きで、インドカレー屋さんに時々行くのですが、やはり本場のカレーも食してみたいですね。
日本のインドカレー屋さんはあくまで日本人向けのカレーだと思うので、本場のカレーの味とどう違うのか比べてみたいです。

このようにいろいろ想像していると、1度では国全体を味合うことができなさそうに思うので、数回旅行することになりそうですね。